サンダルは手入れすれば来年の夏も綺麗なまま!


スポンサーリンク


こんにちは、Zoeです。

夏のマストアイテムであるサンダル、あなたは何足お持ちですか?

素足で履くサンダルは、皮脂や汗と汚れが混ざり、とても汚れてしまっています。
そのまま置いておいて、翌年いざ履こうとしたらカビだらけでとても履けない・・なんて事がないように、片付ける前にしっかりと手入れしておきましょう。

サンダルの手入れ方法

サンダルに使用されている素材で手入れ方法が異なります。

ジャブジャブ洗って大丈夫な素材と、洗えない素材があります。
それぞれのサンダルの素材に合わせた手入れを行いましょう。

ポリウレタン製、ゴム製のサンダル
水洗いすることが可能です。
洗濯石鹸または中性洗剤を使い、たわしやブラシで丁寧に汚れを落とします。
その後、黒い汚れが出なくなるまで水ですすぎ、完全に乾かします。

Crocks製などのゴム製のサンダルは、日光に長時間当たると、縮んだりヒビが入ってしまうので、乾かす時は直射日光に当たらないように陰干しします。

布製のサンダル
基本的には水洗いする事が可能です。
洗濯石鹸または中性洗剤を使い、固くないブラシで丁寧に汚れを落とし、たっぷりのぬるま湯で手早くすすぎます。
手で触っても濡れを感じないくらいになるまでタオルを何度も押し当てて水分を取り、なるべく早く乾く場所に置きます

布製のサンダルは乾くタイミングでヨレが生じる事があります
一度ヨレてしまうと、ピシッとした元の状態に戻るのは困難です。
また洗剤を使用する事で、布に使われている接着剤がはがれてしまうこともあります。

心配な場合は、水に長い時間当てたりブラシで強くこすり過ぎないように注意します。

中性洗剤を染み込ませた布やガーゼをポンポンと押し当てるようにして汚れを取り、水で濡らして固く絞った布巾を何度も押し当てて、洗剤を取り除きます。

丸洗いほどではありませんが、汚れを綺麗にすることができます

麻などの自然素材のサンダル
自然素材で編み込まれたサンダルは、水洗いできません

水で濡らして固く絞ったふきんを使って、全体を優しくぬぐい、汚れを落とします。

革製サンダル
本革の場合も合皮の場合も、変色の原因になるので、水洗いできません

汚れがひどい部分は、消しゴムタイプの革専用の部分汚れ落し剤を使って汚れをこすり落します。
全体的にくすんだ汚れには、革用の汚れ落としクリームを使う事で汚れやシミを落とす事ができます。

専用の汚れ落しを持っていない場合は水で濡らした後固く絞った布を使って、全体を優しくぬぐいます
ゴシゴシこすると革が痛んでしまうので、あくまで優しく

スエード素材の中敷きの汚れ落とし

素足が直接触れる中敷きは、驚くほど汚れています。

足の指の跡がくっきり残ったサンダルは、古くなったようで何だか次の年まで置いておくのをためらってしまいますよね。

これもお手入れを行うことで汚れを落とす事が可能です
ビルケンシュトックに代表されるような、中がスエード生地になっている製品の場合、洗う事でスエードがダメージを受け、黄色く変色してしまったり、ガサガサとした毛羽立ちが目立つようになります。

スエード用の固形タイプのクリーナーで直接こすって汚れを落とすか、スエード用のローションを使ってブラシでこすり、水で濡らして固く絞った布で丁寧に拭き取ります

最後に

今回はサンダルの手入れ方法について、お伝えしました。
大切なサンダル、自分で洗ってしまって大丈夫かな・・壊れないかな・・と心配な方は、クリーニングに出す事をおすすめします

大手のクリーニング店の場合、サンダルのクリーニングを請け負っているお店が数多くあるのです。
料金はもちろんかかりますが、完璧に綺麗にして翌年以降も履き続けることができます。

お店や手入れ方法によって料金は様々ですので、一度お近くのクリーニング店で確認してみてくださいね。

ハイキングやBBQ、ビーチに熱いコンクリート、しかも素足!
夏に履くサンダルは、想像以上にダメージを受けています
しっかり手入れして、汚れやカビで履けなくなってしまうことがないように気をつけてあげましょう。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。