木酢液はガーデニングの強い味方!!


スポンサーリンク


こんにちは、Zoeです。

みなさん木酢液という液体はご存知ですか。
身近に農業を行っている人がいる方はご存知かもしれません。
木酢液は木炭を製造する時に発生する煙の成分を冷やしてできた水滴を集めたものです。

木酢液の成分と作り方
木酢液は水分90%、酢酸(さくさん)5%、その他アルコールなど200種類以上の成分からできています。

酢酸」と聞くだけで、学校の理科の時間に「酢酸」の独特の匂いを嗅いだことがある方は、木酢液が恐らく強烈な匂いを放つ液体だろうということは想像に難くないかと思います。

その通り、木酢液は刺激臭と木が燃えた時のような匂いがまざった非常に強い匂いがします。

木酢液の植物への効果と使い方

木酢液は農業において農産物の生産のための土壌改良資材土壌消毒植物活性剤堆肥の発酵促進剤として利用されています。

木酢液はホームセンターで手軽に手に入れることが可能です。
ベランダや庭で家庭菜園やガーデニングを行っている方は、家庭での植物栽培にはさまざまな害虫や病気の事を日々考えていらっしゃる方が多いかと思います。

木酢液を利用する事で期待できる効果は
1.植物の病気の予防
2.成長促進
3.害虫駆除
です。

病気の予防のためには
カビ、細菌:300倍に希釈し散布
べと病、かび病、黒斑病、うどんこ病:200倍に希釈し散布
青枯病:100倍に希釈し散布
を目安に使用します。

木酢液はこれらの病気の予防に有効とされていますが、原液ではなく水で薄めて使用する必要があります。

成長促進のためには、木酢液を水で薄めた液体を1ヶ月に2〜3回葉っぱに散布します。
光合成を促進し、植物の品質を向上あせる効果が期待できます。

また、成長した作物が急に元気が無くなった時に、根元に使用すると回復することが期待できます(水分が不足しすぎてすでに枯れている時はその限りではありません)。
土壌に散布することで、カビ類を減らし、土中の有機物を増やす作用も期待できます。

病気予防、成長促進と同時進行で、植物につく害虫(毛虫など)の駆除にも非常に効果があります。

家庭内における木酢液の他の使用用途

園芸の他にも木酢液はさまざまな部分で活躍します。

・虫の駆除
植物についた害虫だけでなく、蜂やゴキブリを寄せ付けない効果もあります。
ただし、殺虫剤ではないので、あくまで予防として利用します。

動物は本能的に火の燃える匂いを嫌うため、木炭の副産物である木酢液は
有効な予防剤として活用されています。

・消臭
原液の木酢液自体の匂いは非常に刺激的で、まさか消臭に効果があるとはとうてい思えないような鼻の曲がる匂いですが、実は動物の糞尿の匂いを消臭するという非常に魅力的な効果があります。
家の中での飼い猫のスプレー行為や、玄関先や庭に野良猫の尿の匂いをつけられて困っている時などに、水で薄めた木酢液を霧吹きでスプレーします。
しばらく木酢液独特の匂いが漂う事は難点ですが、アンモニア臭を抑え、木酢液の匂いがなくなる頃に、動物の匂いも一緒になくなります。

使用時の匂いはすごいのでご注意を!!!

木酢液を嗅いだ事の無い人にはあまり想像がつかないかもしれませんが、木酢液は原液状態の場合は非常に濃く、そして強烈な刺激臭です。
原液や濃すぎる状態で利用すると、植物が枯れて畑がダメになってしまうほどです。
使い終わったら直接人の手に触れることの無いよう、蓋をしっかり閉め人が触れない場所に保管してください。
また、ペットや小さいお子様がいるご家庭は小さい子の手の触れない所に保管するようにし、特に気をつけてください。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。