シャツのインク汚れをたった2ステップで簡単に落とす方法!


スポンサーリンク


作業中、うっかり服についてしまったペンのインク、あなたは普段どうしていますか?
油性は落ちないと思いこんで、諦めてしまった経験があるかもしれません。

その汚れは、家にあるもので綺麗に取れるんです!
今回は、服についたインクをたった2つの手順で簡単に落とす方法を紹介したいと思います。

まずは油性か水性か確認

インクは主に着色剤(色)と、溶剤(液体)でできており、「油性」タイプのものと「水性」タイプのものがあります。

油性は溶剤として「揮発性有機溶剤」を使用しています。

固着性が強い

乾くのが早い

金属やプラスチックにもインクを乗せやすい

という性質をもっています。

水性は溶剤として主に「」を使用しています。

にじみ・紙の裏写りが少ない

においが少ない

固着性が少なく、金属やプラスチックにはインクを乗せにくい

という性質を持っています。

ペンの側面に油性か水性か書いてありますので、汚れ落としを行う前に必ず確認しましょう。

油性ペン・油性ボールペンのインクの落とし方

消毒用エタノールか除光液を使って、汚れを浮かせて取ります。

用意するもの
消毒用エタノールもしくは除光液
当て布2枚(いらないハンカチやタオルなど)

落とし方

1.当て布を1枚敷き、その上に服を置きます。
2.液を汚れに垂らしたら、もう1枚当て布を上にかぶせて、上からトントンと叩きます。

汚れが落ちたらすぐに洗濯してください。
すぐに洗濯しないと、汚れが輪シミになります。

消毒用エタノールや除光液は、服の素材によっては変色色落ちすることがあります。
必ず事前に目立たない所に付けてみて、変色がない事を確認してから汚れを落としてください。

水性ペン・水性ボールペンのインクの落とし方

水性インクの汚れは、簡単に落とす事ができます。

用意するもの
・ペーパータオル
・水または石鹸水(アルカリ性石鹸を使用)

落とし方

1.汚れた部分を水で濡らし、ペーパータオルを上に置きます。
2.汚れが浮き上がってくるので、綺麗になるまで繰り返します。

汚れが落ちたら、洗濯します。

スタンプのインク汚れ

年賀状などに使うスタンプインクの汚れも、家庭で落とすことが可能です。

用意するもの
・40度くらいのぬるいお湯
・石鹸水(アルカリ性石鹸を使用)

落とし方

1.40度くらいのお湯にアルカリ性石鹸を溶かし、その中に汚れのついた部分をつけ込みます。
2.時間が経つと汚れが浮き出してくるので、汚れがなくなるまで石鹸水を交換します。

※アルカリ性石鹸とはお風呂で使うようないわゆる「普通の石鹸」のことです。

インクが落ちないときはクリーニング店へ

プロのクリーニング店では、家庭でどうしても落とす事のできない汚れ綺麗にしてくれます。
汚れてから時間が経っている場合や、変色する素材の服などはプロに任せるのが良いです。
クリーニング店に出す時は、インクの種類を伝えると納得する処置を行ってもらえますよ。

最後に

仕事でボールペンを使って、カチッとした後ポケットに入れたつもりが、
何のタイミングでかまたカチッと出てきて妙な線がウネウネ。
白い服の時に限って、何故か汚れる法則・・。

線が入ったり、インク染みができたのを見ると何となく服の魅力が減ってしまったような気持ちになりますが、ほとんどのインク汚れはちゃんと綺麗にできます。

諦めないで一度試してみてくださいね。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。